スケールスコードロンとは


  1. スケールスコードロンの紹介
     
  2. 新しいイベントの紹介
     

スケールスコードロンの紹介

 スケールスコードロンは,主として東日本地区のRCスケールモデル愛好者の
有志が中心となって結成され、尾島スカイポートをベースに飛行会活動を開始し
ました。名称となっているスコードロンとは飛行中隊を意味しており、中隊を意
味するように当初は20名ほどのメンバー構成で開始しましたが、その後賛同者
も増えて現在では80名を越える人数となりました。
 スケールスコードロンは一般のクラブとは異なり、RC界ではマイノリティー
とも云えるフライング・スケールモデラーによるスケールの振興、発展、および
友好を目的とした団体で、発足から10年を経過した2011年より会員制に移
行をいたしました。
 スケールスコードロン規約
活動開始以来今年で早や10年となりましたが、その間毎年5〜6回のスケール
飛行会を開催し、飛行会だけでも通算40回以上の回数となります。その間に運
営に携わる方々の経験を積む機会も出来、2年に一度のF4Cスケール日本選手
権大会のホストクラブ役も数回務め、一昨年は斉藤エンジンフェスティバルでも
進行、運営を行いました。
 飛行会に参加する機体の製作技術や飛行技術も回を重ねる毎に向上し、今では
「スケールスコードロン」の名前はRCスケール界に定着し、初心者には敷居が
高い・・・、といった嬉しい評判が聞かれるほどになりました。
 特徴的なのは、活動開始から数年でスケールスコードロン特有のカラーといっ
たものが定着して来たことが挙げられます。
 スケールの世界にも巾広いジャンルがありますが、「自分の好きな実機のモデ
ルを空に浮かべて楽しみたい」というスケールの原点への想いを込めた参加機体
の出来栄えや、実機らしい飛行のマナーにそのカラーを見出すことができます。
 スケールスコードロンは、決して敷居が高いといった集いではなく、初心者か
らベテランまでスケールモデルの製作、飛行を楽しめる団体です。
 飛行会ではベテランが親切に製作や飛行の指導を行っておりますので、初心者
の方でも是非参加してください。
  	  
戻る   ホームへ戻る

イベント紹介
  	  
   スケールモデルの飛行会は、一人で飛行させるのとは異なり、一つのテーマの
   下に参加者の皆さんが楽しめることが大切だと思います。次に行っている2つの
   イベントを紹介します。

1.スケール・トンプソントロフィー・レース

 まずスケール・トンプソントロフィー・レースがあります。
 このレースは今までの速度のみを追及して先鋭化したレースとは異なり、スケール
 機によるゆったりとしたレースです。
 2機飛行による得点配分は30対10で、多少変則なレースですが、本来のスケール
 らしさを追求しています。
 参加機体は第二次大戦のウオーバードとし、エンジンは(単発56、双発41)クラス
 迄です。
 このクラスであればキットからの自作は勿論、市販のARF機も手軽に入手で
 きるので気軽に参加してレースの興奮を満喫できます。レース要綱
 レースは5月と10月の2回予定しておりますので是非参加してください。
  日時   : スケジュール表を参照してください。
       : 午前9時〜午後5時まで 受付開始8時半
  会場   : 群馬県尾島スカイポート
  内容   : スケール機によるレース。
  参加機数 : 一人1機(予備機1機を認める)
  注記   : レース組合せの都合上、当日の参加受付はいたしません。

2.ヴィンテージ・フライイン

 ヴィンテージ・フライ・インは複葉機、クラシック機、多発機を中心とした飛行会
 です。
 素晴らしいスケールモデルを残された故星野氏の遺志を継承した「星野カップ」を
 素晴らしいモデルの製作者に授与することといたしています。

  日時   : スケジュール表を参照してください。
       : 午前9時〜午後5時まで 受付開始8時半
  会場   : 群馬県尾島スカイポート
  内容   : ヴィンテージ・および多発機のフライ・イン
  参加費  : 会員は、\2000.−、ヴィジターの方は\3000.−
  参加機数 : 一人2機まで

  これらヴィンテージ機に加えて、通常のスケール機で参加戴いた方に、F4H
  日本選手権向けの飛行演技の模擬練習飛行会を実施いたします。

  参加資格: RC保険加入者。
      スケールスコードロン会員はもとより、ビジターの方も大歓迎いたし
      ます。

  参加申込:原則として事前に@住所、氏名、連絡先 A機体名、B使用エンジ
       ン名 C使用周波数を明記のうえ。
     FAXまたはE-mail(好都合です)にてお申し込みください。 
     FAX 03−3483−8420  alaskamoose180@nifty.com 
     
注記)  当日参加も可ですが、各自ラジコン保険証を持参、提示してください。
     当日は燃料、その他のグッズが当たる抽選や参加賞があります。
     また、スケールグッズ等のフリーマーケットも開催致しますので、
     不要なキット、エンジン、パーツ等がありましたらお持ちよりくださ
     い。

     スケールスコードロン事務局代行 鈴木 嵩

     皆様ふるってご参加ください。


その他の事業紹介  スケールスコードロンでは日本模型航空連盟スケール委員会の受け皿として次の  ようにスケール審査員講習会、インストラクター講習会も行っています。

スケール世界選手権大会  2018年夏にはスケール世界選手権大会がスイスで開催されます。今回はF4C競技に  併設して入門クラスとしてこのF4H競技も行われます。  F4Cの世界のレベルに触れることができる良いチャンスです。注目してゆきましょう。



スケールフライトインストラクター講習会  

日時:スケジュール欄参照ください。 午前9時〜午後4時 会場:群馬県太田市二つ小屋町(旧尾島町)、尾島RCスカイポート 内容:スケール競技の概要、およびスケール競技参加に必要なスケールフライトを教え られるインストラクター養成の講習会。 実技講習の合間には自由飛行を予定していますので、飛行会のみの参加も歓迎し ます。 資格:日本模型航空連盟発行の模型飛行士資格証を所持のこと。 会費:一般\3.000円、スケールスコードロン登録者は\1.000円。 申込:開催1ケ月前までに住所、氏名、連絡先を明記し、FAXで下記まで。(当日の受付 は致しません)当日は自分で飛行できる機体を持参のこと。    スケールスコードロン事務局(FAX03−3483−8420) 詳細:スケールスコードロンのサイト http://scalesquadron-japan.que.jp/ を参照 のこと。 主催:日本模型航空連盟 共催:スケールスコードロン

スケールフライト・インストラクター講習会プログラム  この講習会はF4C,F4H等のスケール競技のフライト演技で、高得点を得るため  にスケールフライトの指導を出来る方々を養成する講習会です。  とりわけ特別な飛行ではありませんが、普段はあまりなじみのないスケールフライト  を分かりやすく解説しながらそのポイントを明らかにしてゆきます。 講習会は次のようなスケジュールで実施いたします。 1)規定概論  スケール競技の規定を簡単に説明する。          原則として飛行演技関係のみ             30分 2)演技説明  図を使用して離陸、着陸、水平8字飛行、         360度降下旋回および主なる演技を説明する。     30分 3)演技実習  実際にデモンストレーション飛行を行なった後         に、各参加者が飛行を行いスケールフライトの         基準を経験する。                   2時間    講習終了者には、日本模型航空連盟から「スケールフライト・インストラクター」資格  が授与されます。                   日本模型航空連盟RCスケール委員会  
戻る   ホームへ戻る