戻る   ホームへ戻る
スケール・トンプソントロフィーレース


 第二次大戦ウォーバードによるスケールレースです。
 スケール機らしい離陸・着陸の飛行技術とレースによる勝ち点による競技です。
 現在市場で販売されているARFの機体を使用できますので、スケールの楽しみとレースの醍醐味を手軽に味わう
 ことが出来ます。
 
  実機によるトンプソン・トロフィーレースの歴史は1930年代に遡りますが、当時はエアーレースの黄金時代
 と呼ばれ、数々のエアーレースがありました。トンプソン社がスポンサーとなり、トンプソントロフィーレースの
 原型となりました。レースの特徴は、低空、高速のレースという点にあり、観客はより近くで見るために更なるエ
 キサイティングなレースでした。
  このレースは戦争のために一時中断されましたが第二次大戦後にプロペラ機部門とジェット機部門の2つで開催
 され、空軍の後押しもあり、当時の花形レースとして有名でしたが1961年には諸々の事情で中止となりました。
    スケール・スコードロンの開催するトンプソントロフィーレースは実機におけるこのような歴史から命名してい
  ます。このようなレースを尾島スカイポートで開催するには、太田市はじめ関係各所の許可を取り付けるのには大
  変な苦労がありました。
    トンプソントロフィーレースは、尾島スカイポートという素晴らしいステージで、皆さんに楽しんで頂くイベン
  トです。ベテランの方々は指導的な立場を認識して、後進の初心者に教えて頂き、更なるイベントの発展につなげ
  てほしいものです。
    スケール・トンプソン・トロフィーレースは周回レースですが、いわゆるパイロン・レースではなく、スケール
  ・レースです。あくまでもスケール・マインド、スケールマンシップを持って参加して頂きたいのです。
    レースの勝ち負けとは別に、ベスト離着陸賞、ベストスタティック賞も設けています。離着陸審査に関しては過
  去には3名の審査員による採点を行いましたが、時間的な理由から、現在は4名の担当者による推選制度を取って
  います。
    ベストスタティック賞の選定には、審査員講習会を受講した者がF4H規定に準じた審査を行っています。
  この場合、
    1.自作モデル
    2.市販図面から製作した機体
    3.従来のキットから製作した機体
    4.ほとんど既製部品から製作した機体
    5.ARF改造機
    6.ARF機
  の順に優先度があります。
    スケール・スコードロンの本来の目的は、国際的なスケールルールに則っとり、より高いレベルを目指すことな
  ので、単なる人気投票とは違います。なおエンジンは4サイクル、56クラスまでの制限ですが、後援して頂いて
  いるサイトー製作所からの56クラスエンジンの生産中止に伴い、2019年からは、この制限を4サイクル62
  クラスと致します。

  ルールに沿ってイベントを進行させる関係上、事前準備が必要になります。
 レースの運航上、参加者は最大24名で制限しています。
 当日の受付は一切致しません。期日までの事前申し込みにご協力ください。

      

スケール・トンプソントロフィーレース開催のお知らせ
  下記の要領で2019年スケール・トンプソントロフィーレースを開催いたします。   スケールレース・ファンの皆様のご参加をお待ちしています。
2019年 スケール・トンプソントロフィー・レース

日時・ 9月22日(日) 午前8時受付開始 会場・ 群馬県太田市二つ小屋町(旧尾島町)、尾島RCスカイポート     (ラジコン技術誌2019年9月号176頁に地図) 内容・ 第二次大戦ウォーバードによるスケールレース      使用エンジンは62まで(加圧タイプを除く)、双発機は40まで      使用機体はARF、キット、自作を問わない      @ウォーバード・ベテラン・クラス Aキャンディデート・クラスの2クラス      (クラス選択は、選手、主催者側の合意による) 競技・ 150m、2点コース      2ラウンド+決勝ラウンド1回      詳細は下記「トンプソントロフィーレース競技の概要」参照      資格・ RC保険加入者で、スケール・レースのコースを飛行できる技量のある方      (当日保険証を持参のこと) 会費・ スケールスコードロン会員 3,000円      一般 4,000円      会費は当日会場で徴収します。      (昼食無、現地で注文できます) 申込・ 9月7日(土)までに池田 敬氏宛に申し込んでください     電話 080−5034−3362      E-Mail free_sky@rc5.so-net.ne.jp     詳細問合せも上記で      注記・ 申込は先着順で受付、レースの組合せおよび運営上参加機は先着24名(24機)に限定する      競技会当日の受付は一切行わない      燃料は「NASAエキスパート25」を当日支給する      レース成績による表彰およびベスト離着陸賞、ベストスケール賞あり 主催・ スケールスコードロン



トンプソントロフィーレース競技の概要

  注記:ベテラン・キャンディデートの両クラスともルールは同一です。

  機体審査によるポイント
  ・機体には静止審査を行なう。機体審査得点ポイントは最大30ポイントとし、フルスクラッチからARFノーマ
    ルまでの機体の出来映えを飛行前に一括して審査する。

  静止審査得点の指標
    基本点はARF10点、キット15点、自作は20点とし、以下の項目に対して加点を行う。
  各項目の最大加点を合計したものを基本点に加えるが、ARF,キット、自作共に各項目合計の最大加点は原則
  として15点とし、静止審査の最大得点は30点とする。
  

  三面形           最大加点 5点
     写真と図面を添付(無改造ARF機には適用せず)     2点
     写真または図面のみ添付(無改造ARF機には適用せず)  1点
     写真、図面の添付無し                  0点
     正確度(無改造ARF機には適用せず)         1〜5点

  工作技術          最大加点 5点
     ARF機の改造                    1〜5点
     キットから改造                    2〜5点
     スクラッチ製作                    1〜5点
     工作技術                       1〜3点

  色彩、マーキング      最大加点 3点
     実機資料による                    1〜3点
     実機資料とは異なる                   0点
     ARFに加工                     1〜2点
     色彩資料付                      1〜2点

  スケール細部        最大加点 5点
     ヒンジ等に加工                     1点
     脚柱に加工                      1〜3点
     コクピット内を加工                  1〜3点
     エンジン/マフラーを隠す努力              1点
     エンジン/マフラー突出無し               3点
     機銃等の追加                     1〜2点

  表面処理          最大加点 5点
     ARFのまま                      0点
     ARFフイルム張りかえ                1〜2点
     塗装仕上げ                      2〜3点
     パネルライン、リベット                1〜3点
     ウェザリング加工                   1〜3点
     特殊仕上げ(アルミ張り等)              1〜5点

 

得点例
   ARF改造機
    写真を添付し正確度評価は+2の場合、三面形加点は3点。
   改造度で+2、工作技術+1の場合、工作技術加点は3点。
    色彩マーキングが写真と異なる場合、色彩マーキング加点は0
    コクピット内を加工したので加点は+1、機銃が付いたので+1点、
    スケール細部の加点は2点。
    フイルムを張り変え、ウェザリングがあるので、+2、表面処理の加点は2点。
    したがってARFの基本点10点に10点を加え、静止審査得点は20点となる。



飛行・競技ルール

  離着陸時飛行得点によるポイント
   ・飛行審査員によりF4Cルール規定に沿った離着陸飛行審査を行なう。
  ・離陸得点および着陸得点はそれぞれ最大20ポイントとする。
      
  離陸:
   モデルはパイロット又は助手に保持されることなく完全に停止した状態から、風上に向かって離陸を開始する。
   離陸の開始時は「ナウ」をコールすること。

    注)離陸方向は競技者の選択によって滑走路に平行、もしくは風に正対して行っても良い。
       舗装滑走路の場合には、エンジンのアイドル回転数が適切であれば完全に停止していなくても良い。

        離陸滑走中は蛇行することなく最初に機体が向けられた離陸方向に直進し、離陸速度に達したならば地上よ
        り滑らかに浮揚した後、主題実機のそれを模した角度と速度で、離陸方向を変えることなく上昇し、安全高
        度に達したならば離陸方向に対し浅いバンク角(20度以内)で90度の旋回を行い、旋回を終わった時に
        一旦ポーズを取り(水平に戻す)、「フィニッシュ」をコールする。

     主題実機が、離陸時にフラップを使用していれば、モデルも使用すべきであるが、風が原因となるフラップ
     の不使用は離陸前に宣告しなければならない。フラップは離陸上昇中に引き上げなければならない。
     引込み脚が操作可能な場合は、離陸後の上昇中に引き込まれなければならない。
 

  離陸審査の得点配分基準
  離陸滑走開始から離陸までの直進         30%
  適切な離陸操作                 15%
  離陸後の上昇角、直進および上昇速度       30%
  90度旋回時の正確さとバンク角および速度    25%
 
 





        減点
          1.モデルが"ナウ"のコールの後に触られた。(零点)
              モデルが選手の"ナウ"のコールの後に選手または助手に触られた場合には離陸点はゼロとなる。
          2.離陸滑走中にモデルが蛇行した。
          3.離陸滑走が長すぎた、または短すぎた。
          4. 不自然な速度や、急激すぎる加速。
          5. 着陸脚の装備状態から見て不適切な浮揚時の姿勢。
          6. 滑らかに地面から浮上しなかった。
          7.離陸後の上昇角が不適切(急すぎるか、または浅すぎる)。
          8.フラップが使用可能であるに拘らず、使用されなかった。
          9.脚の引込みが可能であるにも拘らず引込まれなかった。
        10.大きなウイング・ドロップがあった。
        11.離陸後の上昇の軌跡が意図した離陸方向と同一でなかった。
        12.離陸上昇中の速度が不適切(早すぎる、または遅すぎる)
        13.横風経路への旋回バンク角が不自然。 
      14.横風経路が離陸後の上昇径路に対し90度でない。
      15.ポーズが不明瞭だった。


  進入と着陸:
   進入と着陸はベース・レッグ(最終横風行程)からの降下によって開始する。
    着陸進入への飛行経路は完全な場周飛行をするか、あるいは直接最終横風行程(ベース・レッグ)に入っても良
    い。
    最終横風行程(ベース・レッグ)は図のように競技者の判断で、直進、曲進のどちらでも良い。

    注)進入と着陸は、離陸と同様に滑走路に平行、もしくは風に正対して行っても良い。
        主題実機が、着陸時にフラップを使用していれば、モデルも使用しなければならない。
        進入と着陸の開始点で「ナウ」をコールし、モデルは一定の降下角で降下し、意図した最終進入コースへ向
        かって90度の旋回を行う。最終進入中も降下角、意図した進入コースを変えずに着陸帯に進入し、適切な
        高さで滑らかに引き起こして、その主題実機を模した着陸姿勢でバウンスすることなく接地し、滑走して停
        止した後「フィニッシュ」をコールする。

    注)舗装滑走路においては、着陸滑走後に十分減速していると認められる場合には必ずしも完全停止しなくても
        良い。
        従来型の尾輪式降着装置(尾輪式と呼称)を持つ航空機は、プロトタイプ実機のそれを模し、その日の風や
        着陸帯表面などの状態を勘案しながら通常は3点着陸をするか、もしくは先ず主輪を最初に接地させ、次い
        で尾部を静かに下げる。前輪式降着装置を持つ航空機は、通常は先ず主輪を接地し、次いで前輪を静かに接
        地すること。

  進入と着陸審査の得点配分基準
  ベースレッグからの安定した降下角と速度          50%
  進入コースの正確さ                    20%
  着陸操作                         20%
  着陸後の直進と停止                    10%





        減点
        1.演技が最終横風行程(ベース・レッグ)で開始されなかった。
        2.最終進入への旋回が一定のレート、もしくは90度でなかった。
        3.最終横風行程(ベース・レッグ)からの降下が一定の降下角でなかった。
        4.最終進入コースが意図したそれに対して不安定だった。
        5.フラップを使用しなかった。
          6.接地に先だって、正しい着陸進入速度でなかった。
        7.滑らかに引き起こさなかった。
        8.バウンスした。
        9.着陸中に主翼をいずれかへ傾けた。
       10.翼端を接地させた。
       11.型式固有の着陸姿勢を再現しなかった。
       12.着陸後徐々に、かつ滑らかに減速しなかった。
       13.着陸後不安定に滑走したか、または滑走が曲がった。
       14.機首を下にして停止した。
         (注:機首を下にして停止した場合は30%の減点、転覆は零点)
  
    注)墜落は零点であるが、ただしモデルが良好な着陸を行ない、着陸滑走の最終段階で機首を下にして停止した
        場合には別個の評価として30%の減点とする。
       もしも風が原因で有効な着陸帯が短くなりすぎた場合に、機首を下にした姿勢を生じたとしても、この減点
       に関する適用を行ってはならない。
       引込み脚を装備したモデルの場合、一個またはそれ以上の脚が引込んだままで着陸した場合には、着陸につ
       いての得点は前記と同様に30%の減点となる。
       モデルが仰向けに転覆した着陸の場合はすべて墜落と見なす。
 
  周回飛行による勝ち点ポイント(得点ポイント):
    ・同時飛行し、規定回数の周回飛行後、ゴール通過順位に応じて得点ポイントを与える。周回飛行ポイント配分
     は次のように定める。

   第一位  30ポイント
   第二位  10ポイント
     
 最終成績:
    ・レースは基本的に3ラウンドとし、機体静止審査得点と離着陸得点、
   周回飛行ポイントを加えた得点の3ラウンド分の合計得点とする。
    
 飛行エリアとコース:
  ・離陸、着陸時を除き、滑走路の反対側のエリアを飛行エリアとする。
  ・飛行の直線部分は150mを基準とするが飛行エリアの状況に応じて変更することがある。コースモニターは
   旗とホイッスルによりコースの監視を行う。飛行エリアの違反またはショートカットがあった場合にはレース・
   デイレクター、タイムキーパーに知らせる。
  ・周回コースは3点パイロンとし、中央のパイロンは観客席側へのはみ出し防止のために設けている。
   スタートとフィニッシュの周回以外はこのパイロンのコース側を通過しなければならない。 
  ・周回数のカウントは飛行審査員が行なう。

        

3poles_02.jpg(80931 byte) 
      


競技の進行と注意事項

 
  ・参加機体は4ストローク、50クラス、ウォーバードとする。
   (最大排気量62まで、加圧タイプのエンジンは不可)
  (2ストロークエンジン不可)
   双発機のエンジンサイズは40までとする。
 ・燃料はNASAエキスパート25を当日支給する。
 ・エンジンの改造は認められないが、スケールプロフィールのために騒音対策を考慮した上でのマフラー改造は行
   なっても良い。
 ・選手は助手を1名つけなければならず、助手は選手に対し助言を与え、同時飛行中の他機との衝突回避に努める。
 ・出場スタンバイ確認後、エンジンのスタートには3分間が与えられる。
  時間内にスタートができない場合はそのラウンドの離着陸点と飛行得点は与えられない。
 ・離陸時には飛行ジャッジに対し、テイクオフ・ナウのコールを行なう。
 ・着陸時には飛行ジャッジに対し、ランデイング・ナウのコールを行なう。
 ・離陸、着陸は風向を考慮し、任意の方向に行なっても良い。
 ・レース開始はアナログ式スポーツタイマーによりなされる。
 ・レースデイレクターが出場機群の上空スタンバイ確認後タイマーをスタートさせる。タイマーの秒針が”0”を
   指した時点でレースが開始される。
 ・レース開始時にフライングがあった場合、1周追加となる。タイムキーパーにより判定される。
 ・正規の飛行コース逸脱1回に付き、コース1周の追加飛行がペナルティーとして加算される。
 ・スケール飛行として不適切な動作に対してはホイッスルで警告し、警告1回目はラップタイムに5秒、2回目は
   10秒をペナルティーとして加える。
  3回目の警告を受けた場合にはそのラウンドの得点は与えられない。
 ・安全ラインの逸脱や、危険とみなされる飛行は、レース・デイレクターの判断で失格が宣言され、強制着陸とな
   る。
 ・レースの組み合わせは1ラウンド目は抽選、2ラウンド目からはラップタイム順に組み合わせを行ない、遅い組
   からラウンドを開始する。
 ・使用周波数が合致した場合、周波数の変更を依頼することがある。
 ・周波数の変更が不可の場合、周波数の合致しない直近の機体との組合わせになることがある。
 ・ベストラップ決定ラウンドへの参加は、一度のベストラップ時間では無く、2回の飛行タイムの平均とする。
 ・単機での飛行はそのラウンドの平均ラップタイムを基準としてレース得点が決められるが、ベストラップ決勝へ
   の参加記録としてはは認められない。
 ・予備機を使用したラウンドにおいては、静止審査点は10点とする。

 

戻る   ホームへ戻る   ページトップへ戻る