戻る   ホームへ戻る
スケール・スポーツマンクラス規定


 このクラスは、近年のFAIルール改定によるF4C、F4Hのレベルアップが日本の現状にそぐわ
 ないため、スケール競技をより広く普及させるため、より簡単なスケール競技規則が必要という要望
 により新設された競技です。
 この規定の骨子は、従来スケール競技への参加にあたりネックであった「静止審査」を無くし、スケ
 ールモデルであればどのような機体でも参加できるようにした事と「自作規定」が無い
 点にあります。
 F4Hクラスと同様に、あくまで初心者がスケール競技に参加しやすくする目的で設立されたもので
 将来的には、F4Hスケール、F4Cスケールを志向して頂くのが目的です。



 スケール・スポーツマンクラス競技規定

                         
                                  平成26年6月20日
                                  日本模型航空連盟スケール委員会

1.参加資格要件
 a)重量制限は、F4C規定6.3.1に準拠する。(現行は15Kg)
 b)競技に参加できる機体は自作、ARF,その他「実機」のスケールモデル(F4規定6.1.1項参照)
   に限られるが、自作規定は無い。
 c)当該実機が一般に知られていない機体の場合には、実際に存在した機体の形状を確認するために実機の
   写真もしくはイラストの提出を求められることがある。
 d)スケールモデルとしての判断が困難な場合は、参加機体の適格性については競技委員長が最終決定する。
 e)本クラスの競技に参加するモデルは、同時に開催される他のクラス(F4C、F4Hなど)の競技には参
   加出来ない。

2.飛行審査
 a)飛行審査スケジュールはF4C飛行審査規定(6.3及び付則6C)に従って行われる。
 b)飛行演技は、原則として離陸、着陸、選択演技8種類で構成される。
   選択演技のうち「水平8字飛行」、「360度降下旋回」は必須とする。
 c)競技は基本的に2ラウンド行い、得点の大きいラウンドの点数をラウンド成績とする。
 d)審査員は3名、タイムキーパーは1名。ラインズマンを兼務することができるが、
   競技会への参加者数、時間的制約等でやむを得ない場合に限り、*マルチフライトラインでの競技運営、
   もしくは選択科目数を減じることができる。

*マルチフライトライン:
  競技において複数の飛行審査を同時並行して行う。その場合、ジャッジラインは複数となり、審査員は各々
  のフライトライン毎に2名とする。
  その場合、別途「フライトライン・コーディネーター」を1名設ける。
  審査員は1ラウンド毎にセットで審査員が入れ替わる(公平性の維持)
   



スケールスポーツマン・クラス Q & A
  Q)スケールスポーツマン・クラスを新設する目的は何でしょうか?
  A)このクラスの導入は、静止審査および自作規定を無くすことにより、スケール競技
    参加者への門戸をさらに広げることを目的としています。
  
  Q)どのような機体ならばスケールスポーツマン・クラスに出場できるのでしょうか?
  A)自作、ARF,その他「実機」のスケールモデルならばどのような機体でも参加できます。
    ただし、Uコンスタント機に見られるような、翼は実機とかけ離れた矩形翼、胴体は1枚板でプロ
    フィールだけが一応スケールの機体や、スチロールなどのパーク・プレーンのようなセミスケール機、
    RCトレーナー機をほんのちょっと変えただけで、言われなければ何のスケール機なのか分らない
    機体は除きます。

  Q)友人から譲り受けた機体でも参加できますか。
  A)参加できます。

  Q)選択演技はどのような内容ですか。
  A)離陸、着陸、必須演技の「水平8の字飛行」、「360度降下旋回」の他、26種類  
    の演技種目がありますが、そのうち非曲技機だけが選択できる種目が6つあります。
    また、演技のしかたもスタント競技のそれとかなり違いますから、初めてスケール競技に参加される
    方は、F4C規定6.3及び付則6Aをよく読んで演技種目を選び、練習をしてください。

  Q)飛行時間の制限はありますか。
  A)持ち時間17分間のうちに演技を終了しなければなりません。
    詳しくはF4C規定6.3.4項をご覧ください。

  Q)マルチフライトラインの場合、それぞれのフライトは別の場所で行うのですか。
  A)同じ滑走路を使用し、フライトライン間の間隔は5〜6mとなります。フライトライン・コーディネ
    ーターを置いて安全上の配慮は行います。参加者の皆さんもフライトライン・コーディネーターおよ
    びコーラーの指示に従って安全な飛行を心掛けてください。

  Q)競技主催者による時間管理の都合で選択演技の数を減らして競技を行う場合、持ち時間はそれに応じ
    て減らされますか。
  A)当然そうなります。
                                                                             以上
 

  	  
戻る   ホームへ戻る   ページトップへ戻る